Pumpkin Doll

恋に狂うとは、ことばが重複している。恋とはすでに狂気なのだ…by ハインリッヒ・ハイネ

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

446   夜中に


歴史ものを調べていると、なんだか哀しくなって困る。

以下鬱・・・ではないけど、思ったこと吐き出してるだけ羅列。

誰かのために死ぬって言えることは本当にその、誰かのことを慕ってなくちゃできないんだと思った。

よく戦場とかで「あなたさまの為に散れるのなら本望」みたいなこと言うけど、そこまでしてその誰かを守りたいって気持ちを否定することはできないけど、それを言った本人が思っているように、誰かもあなたを死なせたくないと思ってることを忘れてませんか?て聞きたい。聞けないけど。

誰かの為に何かをしようという気持ちが強すぎて、自分がその「守りたい人」て思われているかもしれないってことに気づいてないんじゃないか。それってすごく哀しい。

そう考えると、お偉いさんの側近である人の奥さんはすごいと思う。
自分の夫が主の為に死ぬって言うんだよ。なんだそりゃ。
奥さんが旦那を愛しているなら泣くでしょう。でも、見届けるしかない。
そんなことしないでいいから生きていて欲しいと思うのは勝手?当然でしょう。



誰かの為に死ぬんじゃなくて、誰かの為に生きていて欲しい。
そのとき主を守って死んだとしても、その次のときに「ああ、あいつがいれば」て思うかもしれないじゃないか。自分の命を軽んじてるわけではないと思うけど、「死ねない」と思う気持ちがあってもいいじゃない。


難しいな、武士って。なんだ、武士って。
一人一人のなかに譲れない意思というか義というか、いっぽん筋が通ってるものがあって。
必死になって自分の主を守って、生きて欲しいと願って。

戦があった時代は、とんでもなく辛くて怖くて寂しくて憎いとか不の感情が一杯あって、今の世の中にいたら絶対味わいたくないことのほうがいっぱいあって。


でも唯一、誰かを「思う」って心は今生きている人間よりもずっとずっとあって、それだけは羨ましいなって思ったりするのでした。

今の世界、誰かの為に必死になって戦ったりする人なんて、いるんだろうか。

そんな部分だけはなんだかキラキラ輝いて見えて、ああ昔の男の人は魅力的だなーて思う。


ある歴史的戦の前に、「娘をよろしくおねがいします」て書状を送った、とある武人の話に泣きました。死を覚悟するってどんなんだろう。負け戦だと分かってるのに戦場に行くってどんな気持ちだったんだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| HOME |

Appendix

蒼衣 周

管理人 : 蒼衣 周





【好きなもの羅列】
読書(ファンタジー・推理小説・絵本)/映画(主に洋画)/指輪物語(バイブル)/ハリー・ポッターシリーズ/ジブリ/高校野球/海(ペンギン・イルカ)/はやみねかおる/甲田学人/新撰組/神話/呪術/FF10

【心の恋人】
ジョニー・デップ/ヴィゴ・モーテンセン/シリウス・ブラック(HP)/ラビ(DG)/ディーノ(REBORN)/浪燕青(彩雲国)/坂田銀時(銀魂)/高瀬準太(振り)/田島悠一郎(振り) /真田十勇士/真田幸村/はたけカカシ(NARUTO)/ジタン(FF9)

敬称略・2次3次ごちゃまぜでお送りします。

Calendar

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Categories

Profile

New Comments

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。